Category: ダーツのマナー

ダーツのマナー

ダーツはスポーツです。
どんなスポーツにも競技のルールと最低限のマナーがあります。

ダーツの人気上昇とともにダーツを楽しむ施設も増え、様々な人と気軽にプレイする機会も増えました。

人とのコミュニケーションを大切にし、マナーを守って楽しくプレイしましょう。

 

arrow11_11ダーツをダーツボード以外に向けて投げない

当たり前のことですが、お酒の飲める所でついつい悪ノリしないように、またついうっかり人に向けたりしないよう気をつけましょう。

 

arrow11_11ダーツを投げている人の視界に入る場所に立たない

arrow11_11プレイ中の人に声をかけたり触れたりしない

真剣に投げている人の集中力を妨げる行為になります。
1スロー(3投)投げ終わるまで待ちましょう。

 

arrow11_11ダーツボードと投げている人の間を横切らない

とても危険な行為なのでやめましょう。

 

arrow11_11くわえタバコでプレイしない

あまり格好のいい行為ではありませんので気をつけましょう。

 

arrow11_11ダーツを人に手渡すときはティップ/ポイント部分が自分の方に来るようにする

ソフトダーツでも尖っている物を向けられるのは不快なのでやめましょう。

 

arrow11_11野球投げやアンダースローをしない

やりたい方は球技をおすすめします。

 

arrow11_11ダーツをダーツボードから抜くときは1本1本ゆっくり回しながら抜く

arrow11_11届かないからといってジャンプして抜かない

ダーツやダーツボードが痛まないように丁寧に扱いましょう。

 

arrow11_11他人のダーツを無断で使用しない

誰でも自分の大切な道具を勝手に使われていたら不快に思うので絶対にやめましょう。

 

arrow11_11空投げ(お金を払わずに練習すること)は控えめに

最初の数本、素振りや調整程度に留めましょう。

 

arrow11_11試合前後は挨拶を心がける

試合の前には「お願いします」終了後には「ありがとうございました」と握手を忘れないようにしましょう。

 

arrow11_11試合の相手がダーツをダーツボードから抜き終わってスローイングラインに戻るまでセットアップ(構え)しない

振り返った時に相手が構えていると一瞬ビックリしてしまいます。

 

arrow11_11試合の相手に無断で席を離れない

どうしても席を離れたい場合は、相手に声をかけてからにしましょう。

 

arrow11_11ゲーム中 不利な状況にあってもなげやりにならない

対戦相手に失礼にならないように気をつけましょう。

 

arrow11_11物に八つ当たりしない

自分の道具はもちろんのこと、利用している施設の設備や機械など大切に扱いましょう。